「Amebaマンガ」100冊まで最大半額クーポン!!

31話更新「アオのハコ」最新話ネタバレと考察|全巻全話を最終回まで紹介

アオのハコ ネタバレ

漫画「アオのハコ」の最新話ネタバレやあらすじ、考察や感想を全巻全話にて最終回までご紹介していきます!

「アオのハコ」は週刊少年ジャンプに掲載されており、男子バドミントン部に所属する猪股大喜(いのまた たいき)と、一つ年上の女子バスケ部先輩・鹿野千夏(かの ちなつ)の ラブ・ストーリー漫画 。

「アオのハコ」のあらすじは、千夏の親が海外転勤する関係で、大喜の家に千夏が同居する事になるドキドキ・ハラハラの痛快ラブコメですが、連載開始からたった13話目で「2度目」の表紙巻頭カラーに選ばれており、今、週刊少年ジャンプ掲載の漫画においいて最も注目されている作品の一つです。

>> アオのハコを『無料』で読む <<

原作者 三浦 糀(みうら こうじ)26歳女性。

集英社 週刊少年ジャンプ

アオのハコ「最新話31話」ネタバレ

【漫画】アオのハコ「最新話31話」のネタバレやあらすじを紹介していきます!

アオのハコ31話のタイトルは「おデートでしょうか

ひなは思い切って花火大会に大喜を誘ってみます。

すると大喜からは意外にもあっさりと二つ返事で花火大会に一緒に行ってもいいと言う返事が来た。

2人がそんなことをやっているうちに大喜に電話がかかってきたので一旦席をはずすことにした。

詳しい話は今度しようとしてその日はそのまま2人が別れたのだった。

その後ひなの友達が花火大会に一緒に行こうと誘ってきたのだったが、他の人と行くからと火縄断ってしまう。

それを聞いた友人は速攻、男とデートするんだろうなとけしかけていた。

ひなはそんなことを考えていなくてただ男友達と花火大会に行くだけだと。

友人は大体させてくれたようで楽しめると良いねと応援してくれた。

それを聞いてひなもとびきりの笑顔を浮かべるのだった。

家に帰るとお母さんに部活の調子はどうかと聞かれている千夏先輩。

千夏先輩は今は自分にやれることを調子よくやっているらしい。

お母さんも千夏先輩の部活応援してくれてるらしくて、何か買い物など簡単なことでも言ってくれたらと心遣いをしていた。

お母さんがそんなことを話しているとカレンダーを見ながら来週に花火大会があることに気がついた。

花火大会に着ていく浴衣を出してあげようかと言っているお母さん。

これを聞いてさすがの大喜も握り締めているシャープペンの力を込めて芯を折ってしまった。実は勉強している間も大喜は人がせっかく千夏先輩と距離を置こうとしているのにと思っていたのだった。

そんな中に浴衣とかものすごい関心がある話題が出てきたので心を穏やかにしてはいられなかったのである。

大喜はお母さんに花火大会は友人達と一緒に行くと伝えていた。

ここで大喜は大変な思い違いをしていたのでした。

実は大喜はひなとたくさんの友人達と一緒に花火大会に行くつもりだと思っていたのです。

もちろん実際はそうではありません。

ひなは大喜とだけ花火大会に行く約束をしているのでした

翌日大喜がそのことを伝えると、ひなは自分がちゃんと伝えられなかったんだなと思って、他の友達も誘うと言ってしまった場面で31話は終了。

アオのハコ「最新話31話」考察と感想

【漫画】アオのハコ「最新話31話」の考察や感想を紹介していきます! 

「アオのハコ」31話を読んでみての感想ですが、今まで当て馬ヒロインぽかったひながなかなかの活躍を見せてきたと思いました。

ここまでひながヒロイン力を見せてきたのもやはり大喜が鈍感すぎると言う少年漫画の王道を言っているからでしょう。

あまりにも二つ返事で一緒に花火大会に行くことを了承したので、次だと思っていましたがまさかたくさんの友達と一緒に行くつもりだったとは。

そう考えてみると作者は講談社系列のマンガボックスと週刊少年マガジンでツーアウトを食っている身ではありますが、本当に漫画を描くのが上手くなったなぁと感心してしまいました。

「アオのハコ」31話を読んでみての考察としては、そのままストレートにひなは友人たちを花火大会に誘ってしまうでしょうね。でも花火大会で2人きりになるチャンスはたくさんあると思います。ひなは当て馬ヒロインの十字架を背負って大変だと思うますが頑張ってほしいです。

アオのハコ「最新話30話」ネタバレ

【漫画】アオのハコ「最新話30話」のネタバレやあらすじを紹介していきます!

アオのハコ30話のタイトルは「お近づきに

よく晴れた日の朝に千夏先輩と顔合わせる猪股。

2人はいつものようにおはようございますと簡単な挨拶を交わす。

しかし猪股は心の中で2人きりになってしまって気まずいと思っていた。

こうやって洗面所で顔合わせてしまった以上出て行くのも不自然なことになるし。

しかし千夏先輩は今日部活があるのかといつものように声をかけてきてくれた。

猪股は今日の午後からはみんなで図書館に行って夏休みの宿題をする予定らしい。

千夏先輩は頑張ってと簡単な挨拶をして洗面所から出て行った。

そうやって千夏先輩の背中を見ながらあまりにも普通なことに少し驚いている猪股だった。

そんなことを考えながらももうあの時の事は忘れていいんだなと思い日常生活に戻る。

そしていつもと変わらない部活の練習などの毎日を繰り返して夏休みを過ぎていくのだった。

近くの図書館にいつものメンバーで集まって夏休みの宿題をする。

ひなは勉強始めて速攻居眠りを始めています。

ひなは見た目通り数学が苦手なようです。

一緒にいた伊藤が勉強教えてあげることにしました。

それを見ながら周りの友達たちが噂をしている。

実は伊藤はひなのことを前からいいと思っていて狙っていたのだった。

周りの友人たちは夏休みで会えなくなるからこのチャンスに連絡先を交換したほうがいいと遠目に見守っていた。

猪股もそれを聞いて自分が知らないだけでみんないつの間にか電話してるんだなぁと感心をしていた。

ある程度勉強を終えるとロビーでぐったりしているひなを発見した猪股。

ロビーでは来週花火大会があると言うポスターが飾られている。

それを見てひなと一緒に中学1年生の頃に花火大会に行ったことを思い出した猪股。

実はひなとちゃんと仲良くなったのはこの花火大会以降の事だったのだった。

ひなはお祭りに遅れて大好きなりんご飴が買えなかったのだった。

しかし教室の中でひながりんご飴が好きだと言うことに気がついていた猪俣が、気をきかせて買っておいてくれたことがあった。

ひなは飯を決して猪股を中学校以来の花火大会に誘う場面で話は終了。

アオのハコ「最新話30話」考察と感想

【漫画】アオのハコ「最新話30話」の考察や感想を紹介していきます! 

「アオのハコ」30話を読んでみての感想ですが、この漫画におけるひなの役割が徐々に固まりつつあると思いました。

ひなはいつも今回のようにだらしない態度を取ったりしているので忘れているかもしれませんが、実はこの学校の新体操部のエースです。

さらにお父さんも体操の元日本代表と言うサラブレッド的存在なのです。

最初から読んでる人はわかってると思いますがひなは猪股の相談役とかお目付役とかそういったポジションから先に進む事はありませんでした。

ひなは猪股の口ぶりから、猪股が千夏先輩を好きなことにすぐに気がついて応援しようとすらしてくれていました。

最初のうちはひなはあくまでも自分は友人として接しようと努力していたのかもしれません。

それを崩すきっかけが起きたのは、猪股と千夏先輩が距離を置こうとしているのを知ったからでしょうか。

「アオのハコ」30話を読んでみての考察としては、花火大会に行くメンバーが気になりました。次回、花火大会が友人達と一緒に行くのか2人きりで行くのかで相当漫画の分岐点になると思います。

アオのハコ「最新話29話」ネタバレ

【漫画】アオのハコ「最新話29話」のネタバレやあらすじを紹介していきます!

スーパーで猪股と千夏先輩は買い物をしている。

2人は買い忘れがないかどうかを確認した。

しかし買い物をしている最中も実は猪股は千夏先輩のいろいろなリアクションを確認していた。

それは先日手を掴んでしまったことを意識されていないかどうかヒヤヒヤしていたのであった。

買い物に行く途中は何とか当たり障りのない会話でやってくれたけど、正直もうその会話の内容が尽きかけているのであった。

そんなことを考えていると、正直に手を掴んでしまったことを謝った方が良いのではないのかと考える猪股。

しかしそんな思いとは裏腹に千夏先輩は突拍子なことを言い出した。

今アイスを食べるのはまずいのではないのかと。

どうやら千夏先輩はこれから焼きそばを食べると言うのにアイスを食べてしまうと言うことに気まずさを考えているらしい。

さらにそれをみんなで食べた方が良いと言う意味もあった。

猪股はそれを聞いて思わず笑ってしまった。

千夏先輩がこういう風に子供っぽいことをたまに言っているのがすごく好きだったのである。

猪股はここで自分の家のしきたりを千夏先輩に説明した。

自分の家ではバーベキューをやる時はそれぞれ好きなものを自由に食べるのが良いのであると。

千夏先輩もこれは素晴らしいルールだと非常に感心していた。

それとともに猪股はすごくお母さんに似ていると言い出したのであった。

猪股はこれには非常に複雑な態度をとっていた。

猪股は自分の母親に似ていると言われる事は何となく嫌だったのである。

それを言われて改めて考えてみるとなく先輩はお父さんに似ているなと考えてみる。

千夏先輩は父さんは何を考えてるのかいまいちわからない人だったと言い出した。

お父さんは今の家に預かられることになったときに話したことがあるけど、対して反対することもなく同意したのだと。

よくよく考えてみるとお父さんはただじゃないからなと千夏は考えているようだ。

喋ってる間に家の近くを車が通る。

その拍子にまたしても2人の体がふれてしまったのであった。

場面で話は終了。

アオのハコ「最新話29話」考察や感想

【漫画】アオのハコ「最新話29話」の考察や感想を紹介していきます! 

「アオのハコ」29話を読んでみての感想ですが、猪股が千夏先輩を好きなのに、今は距離をおいたほうがいいと言うのが正解という、少年漫画らしい歯がゆい展開でした。

もともとなんでこんなことになってしまったのかと言うことを説明します。

猪股はバドミントンの大会に出たのですが思うような結果を残せませんでした。しかし昔先輩は見事にインターハイ出場を決めてしまったのでした。ここで自分が結果を出して告白をすると言う目標が崩れてしまったのです。

そして今回の話でも少し触れていますがそのことが原因で体調を崩してしまいました。

体調を崩した猪股を千夏先輩は看病します。猪股が熱でよろけて転んだときに千夏先輩がそれを受け止める形となりました。そして猪股は突然肉体的に2人の体が近くなってしまったことで、心のバランスを崩してしまったのでした。

不可抗力なのだから端から見ると別にいいじゃないかと思うのですが、年頃の男女だから難しいと言うことなのでしょう。

そのことがきっかけで千夏先輩も、意識して猪股と距離をおこうと言うことになってしまいました。

「アオのハコ」29話を読んでみての考察としては、やはりモヤモヤを吹き飛ばすのは部活。スポーツに精を出す2人の姿が来週以降描かれると思います。さらに夏休みですから、それ以外のイベントも起こるでしょう。

アオのハコ「最新話28話」ネタバレ

*漫画「アオのハコ」28話のネタバレやあらすじを紹介します!

猪股は千夏先輩のことを認めるのに思わず腕を掴んでしまった。そしてそれに気がついて思わず謝ってしまう猪股。

それを振り払うかのように、バケツをしまう場所はどこにあるのかと問いかける。千夏先輩はバケツをしまう場所を教えていと先に行ってしまった。

猪股は自分の軽率な行動を公開していた。もっと慎重にやらなければいけないと教わっていたはずなのにと。

千夏先輩は渚と一緒に帰ることになった。千夏先輩は外に出ると山口と佐藤カップルを発見した。

山口さんは彼氏ができた途端どんどんきれいになっていったようだ。千夏先輩は渚にふと、渚も元気になったらすぐに恋人ができるんじゃないかと言う。

渚は今は部活1本でやっているのでそういうことにはあまり興味が無いそうだ。2人がそんなことを話しながら体育館に向かうと、バレー部のメンバーが普通じゃない感じで集まっているのを発見した。

渚はバレー部で転向してしまうメンバーがいるのだと説明した。渚は改めて千夏がバスケットボールに残ってくれて助かったと。

渚ももしかしたら転校する可能性もあったが今は親戚の家で預かってもらっているのである。千夏は夜に猪股達と家族みんなで庭でバーベキューをしていた。

お父さんが慌ただしく食材の準備をしていたのを見て、何か手伝わなきゃと千夏も台所に向かった。お父さんを手伝おうとすると自分の家だと思ってゆっくりしてくれていいからと千夏をストップさせる。

千夏はそれを聞くと自分の家だからこそお客様としては得られないと食材の準備を手伝うのだった。実はこうやってお父さんと千夏がちゃんと会話をするのはすごく久しぶりの事だった。

お父さんは千夏に何か生活で困っている事はないかと聞いてくる。千夏はこうやって逆に気を使われると困ってしまうのだった。

お父さんは実は今こうしてはいるが、千夏を自分の家で預かると決めた時はすごい覚悟だったのだと話した。その時はお母さんが自分たちが一生懸命サポートするとお父さんを説得してくれた場面で28話は終了。

アオのハコ「最新話28話」考察や感想

連載して28話で、すでに半年以上経っているわけですが、意外にもお父さんとお母さんの事って今までクローズアップされてこなかったんですよね。今回それぞれの家族の事について考察したいと思います。

お母さんに至っては、千夏と同じでかつてバスケットボールをやっていたと言う設定があります。さらに猪股のお母さん千夏のお母さんはかつて同じバスケ部でチームメイトだったと言う設定があります。お母さんのことにクローズアップするエピソードがあるからこの辺の話が出てくることもあると思います。

よくよく考えると千夏のお父さんとお母さん。普通海外出張に行くならどちらか片方だけが行くのが普通でしょう。どっちも海外に行ってしまって、千夏を日本に置き去りにすると言うことになってしまうのは少し普通じゃないんですよね。 28話の感想としては猪股のお父さんのことを中心に説明するエピソードでしたけど、千夏のお父さんとお母さんも相当不思議なのでどこかで語ってほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!