ドドンパによる首骨折事故の原因や理由は何?衝撃の凄さを動画や体験者のツイッターで徹底調査!

ドドンパ 首骨折事故

富士急ハイランドで大人気の名物ジェットコースター「ドドンパ」で、過去に首や頸椎を骨折するという重傷事故が4件(4人)もおきていた事が判明しました!

しかも富士急ハイランド側の関係者は、ドドンパによる一連の事故を山梨県に報告してなかったんですね~。

私はドドンパに乗った事はありませんが、物凄いスピードと重力(G)を売りにして日本一をうたっているジェットコースターとは知っていますが、ケガ人を出すのはマズいですし、改善の余地がありますよね。

今回は「ドドンパ」による首骨折事故がおきた原因や理由について探っていきます。

また、ドドンパの衝撃の凄さを動画や、実際に乗った事のある体験者のツイッター(twitter)などから口コミも交えて調査していきますね!

ドドンパで首骨折事故が過去に4件?運休状況や重傷事故の内容を確認

 

富士急ハイランドの「ドドンパ」に乗って首骨折事故がおきた期間は、昨年の12月から今年の8月までの間だそうです。

ジェットコースターってスリルや衝撃を求めていますが、骨が折れる程の危険は誰も求めてませんからね~。

しかも、富士急ハイランド側の関係者は今月17日まで事故を県(山梨県)に報告していなかったので、これから「立ち入り調査」だそうです。

ドドンパで骨折事故にあわれた方々は30代から50代の男女合わせて4人だそうです。

正確には首の「頸椎圧迫骨折」だそうですが、ケガをされた方々は全治1~3か月という事で、大きな事故には間違いありません。

頸椎圧迫骨折って「上下方向からの力が加わって生じる骨折」だそうですが、転落などよほど大きな事故や加齢によって骨がもろくなった人に多いそうですが・・・

ドドンパによる首骨折事故の被害者は、30代から50代なので骨がもろいとかの原因や理由ではない様な気がします。

高所からの転落事故でもないですし・・・何が骨折の原因になっているのでしょうか?

ちなみに富士急ハイランドの「ドドンパ」がどれだけのスペックか簡単に紹介しますね!

■コース全長:1244m
■最高速度:スタート1.56秒で時速180km
■ループ直径:39.7m
■ループ高さ:地上約49m

スタートから1.56秒で時速180kmにまで到達するってGTRを改造しても無理じゃない・・・

体にかかる最大重力(G)は3.75Gと想像をはるかに超えてますし、私生活では体感する事のない衝撃である事は間違いないです。

もう「日本一!」とか自慢している次元の乗り物じゃなく、世界を相手に戦っているジェットコースターなのは良くわかりました(冷汗)。

ドドンパは8月12日から運行を休止し、総点検に入っているそうです。

富士急ハイランドで大人気のアトラクションですから、問題が改善されて1日でも早く運行が再開されるといいですね!

他のアトラクションは通常通り運航しているみたいですね!

富士急ハイランド自体は営業しているので、営業時間やスケジュールはご自身で確認してみて下さい!

遊びに行かれる際は山梨県の天気や天候も事前に調べておくと良いですよ!

ドドンパによる首骨折事故の原因や理由は何?衝撃の凄さを動画や体験者の口コミで徹底調査!

 

ドドンパによる首骨折事故の原因や理由について、まだ解明されていません。

現在、推測されているのが・・・

  • 係員の指示通りに椅子に背中や頭を初めから付けてなく、前傾姿勢をとっていたので、スタート時に首カックンになった
  • 最大スピードからループに入る時の上からかかる重力(G)で頸椎が圧迫された
  • 乗客が元々、骨密度が弱かった

といった予想です。

富士急ハイランド側は機械のトラブルや故障ではない!と断言しています。

それなら乗客の座り方に問題があったのか?このあたりは調査委員会の報告結果が待ち遠しいところですね。

乗客の乗り方による首骨折事故でないとしたら、やはりドドンパのスペックにお客様の身体が付いていけなかった・・・と言う事になりますよね。

ドドンパの実際の映像をYOUTUBE動画で確認しましたが、やはり

  • スタート時の衝撃的な加速とスピード
  • トンネルを抜けた後のループへの上昇スピード
  • ループ頂上から下降する時のスピード

この3カ所はマジで相当な重力を身体に受けると思いますし、スタート時の座り方や乗り方次第では「ムチ打ち」はあり得ると感じちゃいますね。

このドドンパの動画だけでは、首骨折までの事故になる感じではないのですが・・・。

富士急ハイランドのドドンパに実際に乗った事のある「体験者」のツイッターを集めて口コミや評判を調査してみました!

やっぱりドドンパのスタートダッシュは半端ないんですね~。

ムチ打ちになりそうなくらいヤバいGがかかるみたいですが、骨折は驚く感じですかね。

 


乗る人によっては「最高に楽しいアトラクション」なのですが、こういった事件が起きると悲しいですね。

やはりドドンパに乗る時の「乗り方」や「姿勢」がマズかったのでしょうか?

過激なアトラクション系やジェットコースターは、舐めて乗ると大変な目に合うので、係員の支持をきちんと聞かないとダメですね。

 

確かに報告を怠った富士急ハイランドは行政指導が入ってますからね・・・

ドドンパの再開には時間がかかりそうです

楽しみにしていた方は残念かもしれませんが、同じような骨折事故を起こさないようにするためにも。富士急ハイランドさんの改善を待ちましょう!

ドドンパ以外の乗り物で事故やトラブルが起きた事はある?

 


富士急ハイランドにおいて過去にドドンパ以外のアトラクション系において大きな事故は見つかりませんでした。

しかし、2003年8月23日、三重県の遊園地「ナガシマスパーランド」で、走行中のジェットコースターの車輪が外れて飛び緊急停止。

隣接するプールで泳いでいた男性がこの車輪に当たって腰の骨を折った他、車両3両目の一番前にいた女子短大生が体をひねるなどして背骨を骨折した事故がありました。

遊園地とプールが隣接しているアトラクション&スパリゾートらしい事故と言えば事故なのですが、やはり確実な安全性を求めていただきたいものです。

ドドンパによる首骨折事故の原因や理由よりも読みたい関連記事

新井恵理那のふんどし姿の画像はある?過去の写真集や動画のグラビアでお尻の形に迫る!

黒嵜菜々子の経歴wikiや高校が知りたい!彼氏はいるのかも探ってみた

田鍋梨々花の出身中学校や高校はどこ?プロフィールや経歴wikiも探ってみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA