弱虫ペダル482話の最新話ネタバレ確定|結局はやり遂げる!

弱虫ペダル「第482話」の最新話ネタバレが確定しました!
2020年○月○日発売日の週刊少年ジャンプ○号に掲載されている「弱虫ペダル」第482話の最新話ネタバレと感想を速報でお届け!
読者の考察や予測、今後の展開などもツイート調査します!

弱虫ペダル482話の最新話ネタバレ確定情報

前回481話のあらすじ
手嶋純太は3日目の最終日、山岳賞の争奪戦でついに山岳賞を獲得する。箱根高校は最後に残ったタイトルの総合ゴールに向かってペダルを踏むが・・・。

最後の関門

長い期間導いてきた試合をもうついに最後の総合ゴールだけを残している。
“道路を”、“山を”、“これまで通ってきた道々を”通って来たすべての道をまたぐ最後。
その最後の関門ともいえるここで、鳴子章吉たちはペダルを踏み続けている。
総合優勝のゴールに到達するために。

自分たちの可能性

ペダルを踏んでいくことができる原動力は何だろうか。
誰かの応援?
ゴールという最終地点?
そんな力は欲望で強い力を出すかもしれない。
しかし、一瞬の力ではなく、ペダルを動かすのは自分の可能性を信じているからだ。

ゴールを向いて

切ない願い。
手嶋純太はもう元気なくして自転車から降りた後に、ようやくペダルを止めることができた。
しかし、この場に倒れた体と違い、ゴールまで届くその気持ちを伝えるために下した最後の指示。
“力を合わせて、ゴールを狙え”
と死力を尽くし、自分の役割を果たした手嶋純太の最後の一言は鳴子章吉たちに残される。

弱虫ペダル482話の感想

「結局はやり遂げる!」情熱を持って踏み続けたペダルと鳴子章吉の道は、今日結局未来に繋がった。そう言い返すように“華やかに”だ。自分の向けられた信頼は、今や鳴子章吉の足や手を経て、次へと続いた。どんな結果が出るかはわからない。自分の役割を果たし、その情熱がゴールに近づくことを祈るだけだ。その加速に足並みをそろえる1ページに情熱が燃える。

弱虫ペダル482話に向けた感想ツイート

弱虫ペダル482話の最新話ネタバレ確定情報を紹介しましたが、読者のみなさんの感想や期待度、予想や考察はどの様な評価や評判がなされているのでしょうか?
ツイッターから「弱虫ペダル」に関するツイートなどを集めてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA