「Amebaマンガ」100冊まで最大半額クーポン!!

234話更新【漫画】東京卍リベンジャーズ最新話ネタバレや考察|全巻全話を最終回まで紹介

東京卍リベンジャーズ ネタバレ

漫画「東京卍リベンジャーズ」の最新話ネタバレやあらすじ、考察や感想など全巻全話を最終回まで紹介してきます!

漫画「 東京卍リベンジャーズ 」のあらすじですが、主人公は何をやってもダメダメな男性フリーター花垣武道(はながきたけみち)26歳。武道はある日テレビのニュースを見ていると、最凶最悪と噂されている悪党連合「東京卍會(とうきょうまんじかい)」に、今までの人生で唯一の中学時代に付き合っていた恋人が殺された事を知って驚き悲しむ。武道の現在の生活はと言うと、日当たりの悪い壁の薄いオンボロアパートに住み、隣に住むオバチャンからやっかまれる始末。レンタルショップでバイトしながら6歳年下の店長に毎日こき使われる日々を過ごしていた。武道にとって今までの人生を振り返ってみると、自分の絶頂期は彼女がいた中学時代しか思い浮かばない。あらゆる面倒くさい事から逃げてきた結果でもあるのだが、そんな武道の今の人生は「どん底」ともいえる暮らしだったのだが・・・ある日、駅のホームから突き飛ばされた拍子に、突如12年前へタイムリープしてしまう!12年前と言うと、武道が中学生の時代だ。過去に行ってしまった武道は、中学時代の恋人を救うため、あらゆる事から逃げ続けた自分を変えるため、 悪党連合「東京卍會」 との戦いを決意し、自分の人生に「リベンジ」を開始する。

原作者:和久井健

講談社:週刊少年マガジン

東京卍リベンジャーズ ネタバレ234話更新【漫画】東京卍リベンジャーズ最新話ネタバレや考察|全巻全話を最終回まで紹介

東京卍リベンジャーズを『無料』で読む

漫画「東京リベンジャーズ」最新話234話ネタバレ

漫画「東京卍リベンジャーズ」最新話234話のネタバレやあらすじを紹介していきます!

東京卍リベンジャーズ話のタイトルは「there is no Mending

マイキーくんの拳が武道に振り落とされようとしています。

あれから一体どうなったのか。

気がつくと武道は病院で呼吸器を付けられていました。

目を覚ますと横にいたココ君がいた。

武道はあれから三日間も眠り続けていたらしい。

武道は自分でもどうやって助かったのか不思議に思っていた。

マイキーくんが最後の拳を振り下ろす落とした瞬間、センジュが身を挺して助けのだと。

センジュは戦える状態ではなかったがマイキーを説得して助けたのだった。

センジュがマイキーに頭を下げてブラフマンの解散を宣言したことで抗争は終わったのである。

これは後にいう、三天戦争と言われるものの終結であった。

この戦争を経てトーマンは六波羅単代を吸収。

そしてブラフマンが解散を宣言したことによって戦争自体が終わったのである。

トーマンはこうして天下を取ったのだ。

武道は自分のためにセンジュはブラフマンを解散させたのかと。

武道は横になりながらも頭の中でずっと考えていた。

マイキーは本気で自分の命を奪おうとしていたのだと。

あのマイキーはきっと自分の知らないマイキーくんなのだろう。

武道は改めてこんなところまで来て何を自分がやっているんだと思い始めていた。

夕方になって再び武道が目を覚ますと、千冬が横にいた。

千冬はドラケンのお葬式に行ってきたらしい。

お葬式に参加した人たちは一体何が起きたのか分からなくてみんな放心状態だったのだと。

千冬も改めて武道に問いかけた。

武道は未来でドラケンと会ったはずなのに、なぜこんなことになったのかと。

武道が過去に戻ってくるようなことがなかったらこんなことにはならなかったのだと。

千冬は自分でも言い過ぎたと思って口を塞いでしまった。

しかし武道は全て自分の自分のせいだとつぶやいていた。

そして今は1人にしてくれないのかと。

千冬も怪我を早く治すように言い残して病室を出た。

武道は病室の中で1人天井を見ながら考えていた。

もう誰も巻き込みたくない、これからは自分1人で戦うのだと決意した場面で234話は終了。

漫画「東京卍リベンジャーズ」最新話234話の考察と感想

「東京卍リベンジャーズ」234話を読んでみての感想ですが、センジュがこれからの鍵を握っていると思いました。

まずこの状態から体が回復するまで何ヶ月もかかるでしょう。

センジュもチームを解散させて何か思うところがあるはずです。

センジュ1人だけなら普通の女の子に戻って生活するのもありますが、やはりけじめと言うのもあるでしょう。

武道とセンジュで新しいチームを組むと言うのが現実的かな?

でもヒロインがヒナじゃなくてセンジュに変わってしまうかもしれませんね。

「東京卍リベンジャーズ」234話を読んでみての考察としては、残された戦力のことが気になりました。

どれだけの人間がマイキーに対してまだ歯向かう心を持っているのでしょうか。

現実として1人で戦うのは不可能、やはり気心の知れた人の力を借りるべきだと思います。

漫画「東京卍リベンジャーズ」最新話233話のネタバレ

漫画「東京卍リベンジャーズ」最新話233話のネタバレやあらすじを紹介していきます!

東京卍リベンジャーズ233話のタイトルは「better late than never

マイキーが2つのチームの争いに乱入してきた。

マイキーは馬乗りになってサウスを攻撃している。

武道はマイキーに腕をおられてしまってコンクリートにうずくまっている。

膝をつきながらも武道はマイキーにそんなことをやめるように叫んでいた。

そんな中ついにサウスの頭からグシャッと言う激しい音が聞こえる。

おそらくはサウスの顔面の骨が潰れてしまったのであろう。

サウスはすでに微動だにしていなかった。

武道はサウスに駆け寄っていった。

やはりサウスはすでに息をしていないように見えた。

心臓に手を当ててみるともう動いていない。

サウスは既になくなっていた。

これにはさすがに敵味方関係なく唖然としているようだ。

そして1人が叫びだす。

センジュに勝ったのはサウス。

そのサウスに勝ったのはマイキー。

要するにこの勝負はトーマンの勝利なのだと。

この抗争は終わったからみんな撤退するようにと。

倒れていたカクチョーも形を借りてここから撤退するようだ。

そんな中ブラフマンの1人がマイキーそこまでする必要があったのかと叫びだす。

マイキーは目の前に立ちはだかったブラフマンの1人をキックで吹っ飛ばすのだった。

それを見かねた武道がマイキーの前に立った。

マイキーは武道を見てもまたお前かと冷たい反応している。

武道はこんな事は間違っているとマイキーを説得しようとしていた。

マイキーは武道をストレートで吹っ飛ばす。

そのままアスファルトの駐車場を武道は転がっていった。

それを見ていたトーマンの幹部の1人からもマイキーに解散すべきと言う声が入る。

しかしマイキーは武道への攻撃をまだ止めるつもりはないようだ。

武道はそれを見て昔のマイキーはもういないんだなと涙を流していた。

そのまま馬乗りになってマイキーは武道をタコなぐりにする。

センジュが見ていられなくなったので助けに走ろうとしていた場面で233話は終了。

漫画「東京卍リベンジャーズ」最新話233話」の考察や感想

漫画「東京卍リベンジャーズ」最新話233話の考察と感想をご紹介していきます!

「東京卍リベンジャーズ」233話を読んでみての感想ですが、この時点でマイキーを元に戻す方法が一体何なのかと考えてしまいました。

これは本当にマイキーの望んでいたことなのでしょうか。

タイムカプセルに書いてあった手紙の内容が思い出されます。

マイキーはそれぞれの未来のことを考えていました。みんなのためにチームを解散させたのだと。

マイキーはみんなが大人になるために大切なものはこのチームの中にはないと考えていました。

それぞれが大切なものをチーム以外の場所で見つけるといいと。

そしてマイキー自身も何か大切なものを探すために旅に出ます。

マイキーが見つけた大人になるために必要な何か大切なものとは、今となっては全くわからなくなってしまいました。

「東京卍リベンジャーズ」233話を読んでみての考察としては、センジュの回想シーンが思い出されます。センジュは武道が未来視で見た未来を回避したようです。しかしそのビジョンは本当に回避できたのでしょうか。センジュが今日命を落としてしまうリミットはまだすぎてないように思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!